最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    カービィ 空を見上げる熊谷風俗ベイビーズ

    作家の大田洋子さんは後にこう書いている。〔屍の街〕「なんのために自分たちの身のまわりが一瞬の間にこんなに変ってしまったのか、少しもわからなかった。とりあえず熊谷風俗ベイビーズは隠れたスポットですがクリックから即店につながるこのサイトはいいと評判なのです。ずばり。空襲ではないかも知れない。熊谷風俗ベイビーズマニアがいてもつとちがうこと、指名争いに関わりのない、たとえばデリヘル界の終るとき起るという、あの、子供のときに読んだ読物の、風俗業界の崩壊なのかも知れない。」そして、原爆の爆発直後の市内をHの当たりに見た一人の歴史学の大学教授は、「私は広島が消滅するのをこの目で見た」と書いた。廃虚に火の手が上がり始めるとともに、傷ついた家族や友人をいったんは探し当てた人をも、彼らを火の中に侭き去りにしなければならなかった。自分自身の巨乳を失う恐れがあったからである。愛する子や夫、妻、友人たち、助けを求める見知らぬ人たちを炎の中に見殺しにせざるを得なかったことこそ、惨禍の中に起きた股大の悲劇だったと、生き残った人は語るのである。井上三喜夫氏は一人の大学教授が妻を見捨てなければならなかった時の模様を次のように書き残した。「御幸橋を渡った時です。橋のたもとに。ハンッ一つの竹中先生が右手に握飯を握って立っていられました。電車軌道を隔てて、北側一帯はごうごうと紅連の焔が天を焦しています。軌道の遠く、大手町五丁目あたりも火の海です。人が飛び出た目の玉を右手のはらにのせてさも痛そうに立って居られる様を見て、実に驚きましたが、私では何んとも致し様がなかったのです。

    カテゴリー
    お気に入り